MOBILE ROCK

好きなものを好きな時に好きなように発信するブログ

ブログ

そんなに痛くないのに肋骨を骨折した。打撲との違い、実際の症状

投稿日:

去年サッカーをして肋骨を折りました。最初は打撲かと思っていたのに実際は折れていたという案件でして、その違いが見分けにくかったのと、調べてもその差がわからなかったので、どこかの誰かのために体験談を残しておきたいと思い筆をとった次第です。はい。

スポンサーリンク

日常生活に支障はない(場合もある)

折れたのはサッカーの試合中だった。相手がパスを出してそのまま前に走ってきて、その進路を妨害する形で止めに入ったところ運悪く相手の腕が胸に入ってしばらく悶絶することに。アドレナリンが回っていたせいもあり、しばらくしたら立ち上がれるようになってそのままプレー続行した。

そんでそれから打ち上げにも行き、翌日は休みだったので家でゆっくりしてた。強打した胸のあたりも痛いには痛いんだけど、他にも試合中に蹴られたふくらはぎの痛みや、あっちこっちの筋肉痛があってそんな中の一つだろうと捉えていた。特に生活上困ったことはなくてこの時点では一番軽い痛みだったほど。

それから何日か問題なく会社にも行って仕事して、数日経って筋肉痛あたりの痛みがなくなった頃、胸の痛みだけ残っていることに気づいた。ズキズキと痛む。ちなみに左胸の下の方とまではわかるものの、いまいちここが痛いという明確なポイントはわからずにいた。でも動くと痛いぐらいで、パソコンに向かって座っていてもなんともないし、強いて言えば伸びをする時がちょっとズキッとするくらい。ちくっとするような感じでもある。この痛みの擬音化は医者に伝える時も大事らしいので覚えておいてね。骨折に限らず。

患部(らへん)を見ても特に変色している様子はない。ただ昔から打撲してもあまり青くなったりしない体質でもあるのでそこは参考にならないかもしれない。だから症状で言えば動くとズキっとする、またはちくっとする程度だ。ただおかしいなと思って医者に行ったのは痛みが引かなかったこと。むしろやや悪化していたような気もする。怪我をしてから6日後のこと。

整形外科に行くとレントゲンを2枚取られて診察室で「折れてますね」って言われて、湿布を貼ってコルセットを巻いてもらったくらい。コルセットは一人でも巻けます。夏だと相当暑いし蒸れそうだから、冬に折るのがオススメだよ。貼りかえようの湿布もらって合計で3500円のお支払いでした。「経過を見たいから来週も来てね」って言われたけど、たぶんまたレントゲン撮って順調だって言われるだけのように思えたので行ってません。本当は行くべき。

そのあとは毎日湿布貼り換えてコルセット巻いて普通に生活してました。骨折と判明したせいで痛く感じるようになりました少しだけ。折ってから2週間くらいで痛みは引いてきて1ヶ月した頃には違和感もなくなります。ネットで調べててもだいたい全治1ヶ月ほどと書いてあるのでそのくらいかと。でもすぐに激しい運動はしないほうがいいです。むかし別の骨折で治りかけで調子乗って同じとこ折った経験があるので少しずつリハビリしていきましょう。

スポンサーリンク

ネットの情報たちとの違い

よく見かけていたのが。

・呼吸をするのも苦しいくらい痛い。
・くしゃみは咳は地獄
・患部に腫れや変色が見られる

などなど、もちろんそう言ったパターンもあり得るのでしょうが、必ずしもそうでないことを実証してしまいました。かなり軽いケースだったようです。
まあ少しの咳くらいでは僕の場合なんともなかったけど、くしゃみはそれなりに痛かったです。でも姿勢を良くしてくしゃみをすると痛くないことも発見しました。治りかけだったのかもしれないけど。

そうそう、肋骨というのは人間には左右に12本ずつの計24本あるらしく、頭の方から第一肋骨〜第十二肋骨と数えるみたいです。さらに言うと、第八肋骨から第十二肋骨は前腹部の空いた形をしています。前面にあって比較的肋骨として意識する部分は第七肋骨まででそれ以降は脇腹から背中のあたりを覆っています。

という知識がなかったので医者に「7番目が折れてます」って言われてもどのあたりかピンとこなかったので知っておくといいですよ。

というわけでまとめると、
・痛みはズキズキ、チクチクする感じ
・大げさに痛くない場合もある
・数日経って痛みが引かない場合は骨折を疑え

です。
折れ方によっては肺に刺さったりして大事に至るような怪我ではありますが、この記事を読んで自分も骨折なのかな。と考えているくらいの人はそんなに深刻ではないと思いますので、安心してください。

それでは

スポンサーリンク

-ブログ

執筆者:


  1. teruzo より:

    こんにちは。情報ありがとうございます。

    僕はトレランで右脇腹から転倒しましたが、大した痛みもなく
    その後も山へ行ったり日常のランニングと運動を続けていました。

    1週間過ぎた頃に打撲痛がなくなってから、
    以前に骨折や脱臼した時と同様の痛み(軽い疼痛レベル)
    が残っている事に気付きました。
    特に車を運転している時に違和感を感じ、
    痛む背中と胸を繋ぐ肋骨を押したら
    ポコポコした不快感が、、、

    やっちまったな、、、
    その割にオレの身体平気だな。
    という感じです。
    ホントに深呼吸しても痛みはなく、日常生活で起き上がる時に気を使う位。
    山を走る事には全く問題ないので
    暴れない程度に遊びを抑えつつ自己治癒力で治したいと考えてます。

    行きつけの整形外科に行っても「またやりましたか(笑)」
    と言われてレントゲン撮られる位なのは分かってるので、、、、、

    ありがとうございました。

    • スピカ より:

      コメントありがとうございます。

      おそらく同じくらいの症状なのかなと、文章からは感じ取れました。

      おっしゃる通り、医者では湿布を貰えるくらいだと思うので悪化するようなことがなければ自然治癒で大丈夫かと。
      もし、変な方向に折れていた場合は曲がって付いてしまうのは危険なので、違和感が強いようであれば一度レントゲンはありかなと思います。

      医者にかからないデメリットとしては完治したか判断しにくいことが挙げられます。本文にも少し書きましたが、昔、鎖骨を折った時は完治したと思われた矢先同じところを折った経験があるので(サッカーしたのが悪いんですが、、笑)

      まあ、肋骨なら普段から無理な動きをさせられるような部位ではないので安静にしていればもう一度、ということはないでしょう。

      お大事に。

  2. サナ より:

    4日前にランニング中に何もない所で転倒して右側の脇下辺りを強打しました。幸い膝も軽い擦り傷くらい。大した痛みもなく、翌々日から痛みも少し気になりだして。調べてみたら経過も症状も似てて驚きました。月曜日病院行ってみます。

    • MOBILE ROCK より:

      コメントありがとうございます。
      この時期にコルセット巻くのは暑くて大変かもしれませんが、あまり痛くない上に意識して動かす部分ではないので、無意識に折れている肋骨に負担がかかる動きをしてしまって悪化させないためにも医者にかかる意味はあると思います。
      安静にしておけばすぐに痛みは無くなって、遠からず治りますのでどうかお大事に。

コメントを残す

関連記事

no image

文章を書くのって難しい

ブログを書き始めてみて4カ月が経過して、書いた記事は100記事を超えた。 一つの記事の文章量はだいたい1000〜2000字、もう10万字以上になる。 正しい文の書き方なんてものはもちろん勉強したことは …

————————————————————

ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

J-ROCKランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 邦ロックへ
にほんブログ村
————————————————————