MOBILE ROCK

好きなものを好きな時に好きなように発信するブログ

いろいろ紹介

COUNTDOWN JAPANの歩き方 〜CDJの基本情報、ステージはどんな感じ?〜

投稿日:2018年10月9日 更新日:

今年も終わりに近づいてきました。

フェスといえば夏フェス!なイメージもあるかもしれませんが、冬にだって素敵なイベントはあるのです!

幕張では年末から年越しにかけて、COUNTDOWN JAPANに参加しましょう!

そんなCDJの情報をお届けしたいと思いますので、初めて参加される方も、今年も行くぞっていう方も、お読みいただいてしっかり準備とモチベーションアップをしていきましょう!

スポンサーリンク

COUNTDOWN JAPANとは?

ロッキングオン主催の国内最大級の年越しフェス!

COUNTDOWN JAPANは音楽誌rockin’onなどの出版を中心に、真夏の野外フェスROCK IN JAPAN FESTIVALなど多数のフェスを手がける、株式会社ロッキング・オンの主催する、国内最大級の屋内音楽フェスティバルです。

来場者の数は年々増え続けていて、まもなく20万人に到達しようかという勢いです!
年末4日間の開催なので1日当たり5万人の動員です!
12月の終わりに行われますが、室内で行われるので寒くはありません!
野外フェスに比べると会場もコンパクトなので初めてのフェスにオススメです!

出演アーティストは?

4日間でおよそ180組のアーティストが出演します。夏のロッキン同様、日本のアーティストだけで構成されています。

邦楽のロックバンドが中心ですが、アイドルグループやJPOPアーティストも多数出演するのできっと知っているアーティストがいるはずです。
よく知らなかったアーティストでもライブを見ることで新しい発見があるかもしれません。私も毎年、初めて見るアーティストのステージに積極的に行くことで、新たなバンドを知るきっかけにしています!

今年の出演アーティストやタイムテーブルは随時発表されていますので詳しくは公式サイトをご確認ください!

会場とアクセス

会場:幕張メッセ国際展示場(1~11ホール、イベントホール)
住所:千葉市美浜区中瀬2-1

千葉県にある幕張メッセで行われます。都心に住んでいる人は電車での利用になるかと思います。
JR京葉線、JR武蔵野線の海浜幕張駅が最寄りになります。
JR総武線、京成線の幕張本郷駅からもバスで行けるようですが、私はそちらを利用したことがないので、情報ありません。ごめんなさい。
車でもいけますが、駐車場は幕張メッセの駐車場を利用することになります。公式で5500台収容とあるのでおそらく問題なく駐車できるものと思われます。事前予約はできないので心配性の方は電車で行くことをオススメします。
31日のみ朝方までフェスは続きますが、大晦日は本数は多くないものの24時間電車は走ってくれているので、心配はありません。

チケットは高い?

チケットは一日券で11,500円です。最終日だけ時間が長いので12,000円です。
前二日券や後二日券、4日間通し券になると1日当たりの金額は少し安くなります。
1万円ほどのチケットを見ると最初は高いように感じますが、1日中行われているイベントであること、複数のアーティストを見られることを考えると決して高くありません!
というか、一度行ってみると必ず満足できると思います。お値段以上の体験が待っていますよ!

スポンサーリンク

たくさんステージがあるけど、どう違うの?

COUNTDOWN JAPANには現在5つのステージがあります!
タイムテーブルを見ればわかるように、同時に複数の場所でライブが行われていますので、全部のアーティストを見るのは残念ながらできません。

ステージ毎にお客さんを入れられる規模が違い、人気のあるアーティストほど大きいステージでライブを行います。
そのため、どのアーティストも一つでも大きなステージにあがれるように、熱い気持ちを持って演奏しています。
そんなところも見どころの一つですし、小さいステージでやっていたアーティストが数年後に大きなステージでやっているのを見るとなんとも嬉しい気持ちになります!

EARTH STAGE

最大4万人収容のメインステージ!
3ホールぶち抜きの大きなステージです!
その日の出演者たちの中でも最もメジャーなアーティストが集まるのがこのステージです!
たくさんの人が一度に見ていますが、室内空間なので一体感は大きい。
全ステージ共通ですが、基本的には照明が暗いので常に夜のライブのようです。

アーティストにとっても簡単にはたどり着けないステージです。
もし、時間帯によってみたいアーティストが決まらない時はEARTH STAGEに来ておけば間違いないでしょう。

 

GALAXY STAGE

こちらは2ホールを使用したおよそ16,000人収容のステージです!
なぜ1番目のステージがアース(地球)で2番目のステージがギャラクシー(銀河)なのかは謎です。
ちなみにこの先、「宇宙」「月」「天体」と続きますので難しいアルファベットについての疑問は忘れましょう!

EARTH STAGEとは真反対の位置にあるのがこのステージです。
両ステージの間には後2つのステージがあるので、CDJではアースとギャラクシーの位置を最初に覚えてしまいましょう。

まだアースでやるほどではないけど、人気急上昇中のアーティストが多くいます。安定した人気を誇るアースのアーティストたちよりも、今年ブレイクのギャラクシーの若手の方がギラギラした熱いライブになることもしばしば。

 

COSMO STAGE

こちら8000人収容のステージです。
アースとギャラクシーの間にあるステージの一つで、アース寄りに位置しています。
飲食エリアの後方にあるので、ご飯を食べながらでも聞けるのはオイシイ

 

MOON STAGE

7000人収容のステージでコスモと対になっているギャラクシー寄りに位置しているステージです。
収容人数も位置もほとんどコスモと同じです。
一応こちらが4番目のステージの扱いですが、正直ほとんどコスモとムーンに違いはありません。

 

ASTRO STAGE

8000人収容のステージですが、他の4ステージが一直線上にある中で一つだけ離れた場所にあります。
イベントホールがそのまま使用されていて、一番ライブハウスっぽい会場です。
ステージとアリーナをぐるっと囲むようにスタンド席も用意されていて、唯一座りながらライブを見られるところです。
個人的には一番好きなステージです。アーティストの配分を見ても扱いがやや特殊なステージなので、純粋に5番目のステージではないと思っています。疲れたらとりあえずきちゃいましょう。新しい発見があるかもしれませんよ。

おわりに

ここまではCOUNTDOWN JAPANの基本的な情報を上げてきました!
次回は実際に参加してきた経験から楽しみ方や注意点をまとめてみたいと思います!

それでは、良いお年を!

関連記事
COUNTDOWN JAPANの歩き方〜服装、持ち物、注目ポイント〜

 

スポンサーリンク

-いろいろ紹介

執筆者:


コメントを残す

関連記事

COUNTDOWN JAPANの歩き方〜服装、持ち物、注目ポイント〜

今年も終わりに近づいてきました。 フェスといえば夏フェス!なイメージもあるかもしれませんが、冬にだって素敵なイベントはあるのです! 幕張では年末から年越しにかけて、COUNTDOWN JAPANに参加 …

単身者の引越しなら、繁忙期でも赤帽が激安だった

引越しの繁忙期といえば1月から3月にかけて。 今年は「引越し難民」というワードが見られるほど、業者さんが見つからないようです。 この時期は予約が取れないだけでなく、料金も高額になりがち。 こだわりのな …

iPhoneのミュージックアプリのシャッフルに困っているあなたにはDenon Audioがおすすめ

いつからかiPhone標準のミュージックアプリのシャッフル機能に悩まされるようになりました。 15〜20曲以上の曲数をシャッフルすると、すべての曲が再生されずに終わります。 いろいろ試してみてわかった …

Jリーグスタジアム観戦のススメ

今や家で簡単に海外のリーグの試合が見られてしまいます。 毎週プレミアリーグやラ・リーガを見ていたら、Jリーグへの関心が薄れてしまうのもわかります。 私もそんな一人でしたが、実際に足を運んでみると生観戦 …

綾鷹を箱買いするだけで毎日の飲み物代はだいぶ節約できる

お金を貯めるのって結構難しいですよね。 学生の時は社会人はみんな金銭的に余裕があるように見えていたけど、いざ働いてみると初めの頃は結構ギリギリだったりします。 簡単に節約できるところを探してみると、ま …

————————————————————

ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

J-ROCKランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 邦ロックへ
にほんブログ村
————————————————————