マカロニえんぴつのラジオが全然おもしろくない

  • 2020年6月28日
  • 2020年7月11日
  • コラム
  • 11view

 最近ラジオの話しかしてないな。いったん今週で終わりにする。いろんなアーティスト、タレント、芸人がラジオをやっていて、みんなそれぞれ個性が出ていて面白い。新しい趣味になってる。しかしその中でもぶっちぎりで、マカロニえんぴつのラジオはおもしろくない。

 

最低限の生活には
洗濯機と君とラヂオ

洗濯機と君とラヂオ/マカロニえんぴつ

 え?ホントに?他人のラジオ、聴いてるのかな?

 月曜から木曜の深夜に、若手のロックバンドが日替わりで出演しているJ-WAVEの番組、「THE KINGS PLACE」火曜日を担当するのがマカロニえんぴつだ。ちなみに別の曜日にはFOMARE、KUZIRA、ユアネスがやっている。ファンの人は要チェック

 1時間枠でやっていて、毎週バンド4人の中から2人が出ているらしい。最近聴き始めたので、元々こうなのかソーシャルディスタンス問題で今だけなのかは知らない。概要はこんな感じ

 ちなみにいつも、あんまり好きじゃないバンドや曲の話をするときは、ここは嫌いだけど、ここはいいと思う、という具合に、多少のフォローを入れるようにしているが、今日はない。褒めるポイントが見つからない。聴いていることからわかるようにバンド自体は好きだし、曲は良いけど、ラジオには一切関係ないのでね

 まず全体的に言えることは、トークのテンポが悪い。あんまり仲良くない人が無理やりこの場に揃えられたかのように、間がヘン。相手が話した内容に、あんまり共感も笑いもなかったけど、「あれ、今オチかな」と一瞬あけて頑張ってリアクションしているような状況が多い。っていうかずっとそう。よくわかっていなくてもテンション上げてトークを広げにかかるので、聴いている側も置いていかれる。よくない

 笑いを取りに行きたがりすぎて、悪ノリでモノマネを入れてきたりするけど、あまりにも質が悪くてグダグダなので、笑いどころはわからなかった。本人たちは笑ってるけど。なんか内輪感が強すぎて胃もたれする。後は普通のことをヘンな言い方をしてウケを狙おうとするんだけどこっちは結構真顔です。そんなんで笑えるのは泥酔した午前3時か小学生だけでしょ。

 そしてつまらないを通り越してちょっとイラっとしたのが、はっとりのやる「エロ詩吟」のコーナーだった。みんなご存知、天津木村の有名なネタを枠組みはそのままに自分で考えたネタを披露している。まず吟じるリズム(?)に乗っていないし、内容もおもしろくない。案の定、本人たちは笑っていた。大学のサークルでやっているんじゃないんだから、せめて人のネタを使うならちゃんとやるべき。芸人の大事な芸に失礼な出来でやるな。あんたらも芸術家の端くれだろ

 やっぱり怒りが原動力になるとスラスラ記事書けるね。本当はいろんなラジオ番組を紹介する記事を書くつもりだったんんだけど、マカロニえんぴつのやつだけ言いたいことがありすぎて、別個にしてしまった。

 あと言いたい放題のオマケだけど、はっとりさんTwitterもおもしろくないよね。すごいシンプルな下ネタ言うか、マイヘア椎木みたいにカリスマ感を狙ったセンスあるツイート目指してるっぽいやつかの2種類だけど、どっちもだいたい・・・

 ラジオ聴いたりツイッター見る前に曲聴いてライブ行って恋しちゃっているファンにはもう何でもしゅき!かわいい!なんだろうけど、少し興味持ったくらいのファン候補は引いちゃうから考えた方がいいと思うけどなあ。もったいないぜ。いいバンドなのに

最新情報をチェックしよう!