MOBILE ROCK

好きなものを好きな時に好きなように発信するブログ

コラム バンド紹介 音楽

根暗なあなたも聞けるポップサウンド ネクライトーキー

投稿日:

僕らのようにバンド音楽を愛している人たちの大部分はミュージックステーションに登場するようなメジャーアーティストの曲が全く心に響いてこないような種類の人間だと個人的には考えている。かつては応援していたはずのback numberもWANIMAももう我々のものではなくなってしまった。

世に広く認知されるような音楽は必ずしもいい音楽というわけではなく、とにかく前向きなものだったり、失恋を歌っているけど綺麗な部分ばかりだったりする。CMで流したりドラマなんかのタイアップをつけたりするには過激な表現を使う曲なんか起用できるわけがないのだ。あいみょんの曲でもラジオで使用禁止になったりしていたしね。

そんな人でも別に明るい曲が嫌いだというわけではない。ただ歌詞だったりから発せられるメッセージがあまりにも光をまとっていると拒絶反応を起こしてしまうというだけだ。

そこで今回紹介したいのはネクライトーキーというバンドだ。

スポンサーリンク

バンドの顔はやはりボーカル

まずはこのバンドの生い立ちを紹介しようと思う。

原型はコンテンポラリーな生活というバンドで、このバンドのメンバーはギターボーカルの朝日廉とベースの藤田彩の2人が正式メンバーでそこにサポートドラムを加える形で演奏するバンドだ。こっちの方はよく知らないので詳細は割愛。一応再生回数の多かったやつを貼っておく。

ボーカルの朝日さんはコンテンポラリーな生活で曲を書きつつ石風呂という名義でボカロPとしても活動していてそれが売れた。

これをニコニコ動画で歌い手として歌っていたもっさを見つけ、その声に惚れ込んで一緒にバンドやろうと声をかけたのがネクライトーキーの結成のエピソード

一応メンバーは4人で前述のもっさ、朝日、藤田に加え、ドラムはコンテンポラリーな生活でもサポートドラムを務めていたカズマ・タケイ。PVを見てるとほぼ正式メンバーのように登場する、ナカムラ・アヤカはサポートメンバーという位置付けらしい。なんで?

曲を書いているのは朝日さんで上で貼ったサイダーガール、ゆるふわ樹海ガールと同じ人が作っていたのがもっさの歌声でこうなります。

新たに加わったキーボードと癖のある歌声で他にはない特徴というかクセというか。
わかっています。大抵の人はここで一度挫折することも。

でも何回か聞いてみたり、他の曲も聞いてみたりしていると、、

悪くない。となりませんか?
だいぶPVの制作費もかけている様子。朝日さん本気モード。

音はポップでキャッチーなのに歌詞は暗めなことだったり物騒なフレーズだったり。

うまくやってるよなんて
騙し騙しで
同窓会を避けて歩いてく
(こんがらがった / ネクライトーキー)

スポンサーリンク

ライブもアルバムもとても良かった

そんなネクライトーキーは12月にフル・アルバム「ONE」を発売した。

ONE! [ ネクライトーキー ]

ライブに行ったらさらに好きになり買ってしまった。
結果的に大正解、とても良い。
YouTubeで見られる曲はほぼ収録されていて、半分は未発表の曲たち
ハズレ曲はありません。
6曲目の「オシャレ大作戦」まではお遊び感ののある曲たちで、7曲目の「がっかりされたくないな」から雰囲気がガラッと変わる。
歌詞に重きが置かれるようになり、悩みや不安がある人に刺さってくるような楽曲に。
静かな曲もあれば勢いのある曲もあり、思ってた以上に幅がある。

個人的には「だけじゃないBABY」が好き

最後にライブに行った感想を少し。
もっさの声はこのままで性格もイメージ通りです。とってもかわいい

こっちの気持ちが盛り上がるようなアレンジをしてきて気づけばうおーってなるライブ運びでとても楽しかったです。
また行きたくなるライブは大事。フェスで少し見るだけでなく、ワンマンも行って見たいと思えるようなライブでした。

原曲を聴いてなんだこれとなりつつ、ライブで超カッコよくなっていたのはこれ

好き嫌いの分かれるバンドであることは間違いないけど、好きな人はどっぷりハマってしまう魅力がある。
来年以降各地のフェスで見かけることになるバンドであることは間違いない。
今出ている曲もめっちゃいいし、これからの曲にも期待して行きたいバンドだ。

スポンサーリンク

-コラム, バンド紹介, 音楽

執筆者:


コメントを残す

関連記事

岡崎体育はまだ本気出してないから

昨年、ヤバTの小山と2人で、総制作費6万円で作り上げたミュージックビデオのミュージックビデオが大きな話題を集め、瞬く間にブレイクを果たした岡崎体育 あまりにもあのMVが有名になり、それも面白さ重視の楽 …

ロッキンの時代は終わってしまった

2019年の開催を持って20回目を迎えるROCK IN JAPAN FESTIVAL 近年のフェスブームを牽引してきたこのフェスも力を失ってきている。 スポンサーリンク これで・・・20周年!? 長い …

三太郎CMで知名度UP! yonigeはWANIMAになれるのか

三太郎のCMの最新版が公開されました。 去年の初めにはWANIMAが抜擢され、その後爆発的に売れることとなりました。 2018年にそのポジションを勝ち取れるのか。新たなCMソングを担当するのは2人組の …

[全曲レビュー]変身 / チャットモンチー

様々なアーティストの様々な楽曲のうち、このフレーズが特にいい!というものを切り取りながら紹介していきます! 今回はチャットモンチーの5thアルバム、変身 から! 各曲にオススメ度を五段階評価でつけてい …

[ライブなび] 忘れらんねえよ 〜ライブの雰囲気や定番曲を知りたい!〜

好きなバンドができて、ライブに行って見たい!でも初めてだから不安! そんな人のために実際に足を運んで見てどうだったのかを記して行きます。 今回は忘れらんねえよをご紹介いたします! スポンサーリンク C …

————————————————————

ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

J-ROCKランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 邦ロックへ
にほんブログ村
————————————————————